【映画】『エージェント・ウルトラ』まさかの恋愛映画!?

エージェント・ウルトラ 映画
エージェント・ウルトラ 映画

agentultra

こんばんは。

最近見た中でかなりの良映画でした。早速書きます。(笑)

エージェント・ウルトラ

ストーリー:片田舎のコンビニでバイトをしているダメ青年マイク(ジェシー・アイゼンバーグ)は、一緒に住んでいる恋人フィービー(クリステン・スチュワート)とハワイ旅行に出て結婚を申し込もうと決意する。だが、出発前にパニック発作を起こして旅行は中止に。ある日、彼は店に乱入してきた暴漢たちを無意識のまま瞬殺してしまう。それを機に、マイクがCIAの極秘マインドトレーニング計画で育成されたエージェントであったことが判明。やがて計画の封印を進めるCIAから次々と刺客を放たれ、フィービーを誘拐されてしまうが……。

引用元:シネマトウディ

映画の広告や本ブログのトップ画像からも何となく分かったと思いますが、

がっつりギャグ路線です。

ストーリーもアホ丸出しだし、内容もありがちな設定、B級映画か!?って思っちゃうぐらい!

スポンサーリンク

エージェント・ウルトラの主役の力がすごい!

主演は近々公開の『バットマンVSスーパーマン』でレックスルーサー役を演じる

ジェシー・アイゼンバーグ

ジェシー・アイゼンバーグ

本作では、最強設定のエージェント設定。

だが、しかし劇中序盤はただのドラッグ中毒で、妄想ばっかしてます(笑)

だけどなぜかおバカだけど、不思議ちゃん?天才っぽさ?があって彼の演技に見入っちゃいました。

まさに天才顏

そう言えば、『ソーシャルネットワーク』のマーク・ザッカーバーグも『バットマンVSスーパーマン』でのレックスルーサーもある意味天才役!

こういった、天才路線の役を演じることが多いんですね?

こうも演じるキャラの方向性が似てると、『グランドイリュージョン』も気になるところ。

映画を見終わってから、このキャスティング間違いない!と言い切れるくらい適役だったと思います。

意外とラブストーリ路線!?

ブログタイトルにも書きましたが、意外と恋愛路線だったと思います。

ヒロインのクリステン・スチュワートとのラブラブっぷりがすごかった・・・

実に羨ましい(•́⍛•̀)

agentultraの恋愛agentultra

ちょっぴりネタバレになりますが、開始5分ぐらいで、マイク(ジェシー・アイゼンバーグ)がプロポーズのための計画を練り始めます。そこから、どんどん伏線が踏まれて、、、最後はどうなるやら?って展開です。

個人的には、序盤に出てくるセリフが上手にシナジっていて良かった。ヒントは「木と車」です。

予告編で流れたあの曲は流れなかった・・・

予告で乱用されてやたら耳に残るあの曲。。。

初めて、予告を見たときに頑張ってググりまくって探しだしました。

ズバリ

Freaks

いやー渋いです。世はEDMですが、映画界もEDMが流用される機会も増えてきましたね。

音楽関係のyoutubeは著作権とかの問題ではれないので、興味のある方はググってみてください。

このFreaksが劇中で流れると思い込んでしまっていたので、ショックでした(´・ω・`)

戦闘シーンがカッコいい(パクリ!?)

後半になると結構残忍かつ派手な戦闘シーンもチラホラ、

後半はスーパーでマイク(ジェシー・アイゼンバーグ)VS特殊部隊(数十人)と戦うのですが、もはやそのシーンがイコライザーのホームセンターのシーンと酷似していて残酷した

equalizer

equalizer

おちろんバカ丸出しなので、ちょこちょこクスッとさしてくれますけどね(笑)

おわりに

これだけ期待を裏切らなかった映画は久しぶりでした。

何より今回の映画でしばらくジェシー・アイゼンバーグがお気にいりになりそうです。

2月下旬まで公開していますので、是非劇場へ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする