【予告】『X-MEN』シリーズ『ローガン』インターナショナル版予告解禁

Xmenローガン

久々の投稿になります。

先日、ウルバリンシリーズの予告編がついに解禁させれました。

ウルバリンジリース最終章!同時にヒュー・ジャックマンX:MEN引退作『ローガン』

スポンサーリンク

『LOGAN』

ローガンといえば、大人気、X:MENヒュー・ジャックマン演じるウルバリンの名前。

ヒュー・ジャックマン

2009年に公開された『ウルバリンZERO』『ウルバリンSAMURAI』に続く、三部作最終章です。

X:MENシリーズで重要な役を務めるウルバリンに的を絞って、描かれたシリーズ。

ウルバリンの半生を描くなどX:MENにしては非常にコンパクトなスケールでまとめられた映画です。

今回の『LOGAN』ではX:MENを引退したローガンが再びウルバリンとして戦うストーリーとなってるようです。

X:MENお馴染みのあの二人の引退作

ウルバリンことヒュー・ジャックマンそしてプロフェッサーXことパトリック・スチュワートの引退作らしい・・・です。

シリーズを通して欠かさず登場してきた2人、この大スターの引退は悲しいですね。特に、プロフェッサーXは彼の若かりし頃を描いた『X:MEN フーァストジュネレーション』『X:MEN フューチャー&パスト』『X:MEN アポカリプス』などの映画で再び人気を得たキャラなので、今後モX:MENシリーズが存続するならかなり悲しいニュースです。

ウルバリンとチャールズ

ウルバリンとチャールズ

ミュータントたちが消えた世界

今作は、『XMEN アポカリプス』よりかなり後の世界。時間軸的はX:MEN フューチャー&パスト』のラストシーン以降のお話しなのですが、プロフェッサーの見た目から察するに20年以内といったところでしょうか。なぜ、しかし予告編のようにミュータントたちはいなくなったのでしょうか。

マグニートやストーム、そして未来が書き換わったことにより生きていたサイクロプスやジェーンは出てくるのでしょうか。謎が募ります。

鍵を握るのは、アポカリプスのエンディング後のシーン!?ライターなりに妄想してみた。

X:MEN アポカリプス』のラストシーン、最近公開されたばかりだからお終えている人も多いと思います。

スーツの男が現れ、トランクにウルバリンの血液を入れます。このトランクに書かれている「ESSEX CORP」の文字。これは、デットプールをはじめとする「ウェッポンXプログラム」関連の会社なんですよね・・・

X:MENシリーズで悪名高い敵キャラ、ミスター・シニスターの登場が考えられます。

そして、今作より登場する物語の重要な鍵を握っている少女

XMEN

チャールズ「君と同じだ」

XMEN

チャールズ『とても似ている』

『デットプール』の公開もありましたし、まさか、、、X-23のなのか!?!?

可能性としては少なそうです。

公開日は2017年6月

余談ですが『ウルバリンZERO』で疾走した兄貴の行方もきになるところ。

Xmenローガン

ウルバリンローガン

スポンサーリンク

シェアする

フォローする